ボディメイク ジムで女性が効果を出す近道!

【このブログを書いてる二人】
早川拓宏【書いてる人】
自らの身体を3ヶ月で激変させ、このブログをコツコツ更新してきた張本人!
栄養、筋トレの知識の宝庫!


河野博之【書いてる人兼管理人】
早川氏が書いたブログを編集、更新!早川氏の元、ボディメイクに挑戦し同じく3ヶ月で激変!


  • 『ボディメイクって、女性もできるんですか?』
  • 『女性はジムに行って、筋トレをして、ムキムキになったりはしませんか?』
  • 『女性でも効果はありますか?』

など、『ボディメイク』という言葉に対して、ダイエットとはどう違うのか?というところを聞かれます。
今回は、女性が気になる、『ボディメイク』について書いていきたいと思います。

スポンサードリンク

僕達のMBLでは、20代~50代の女性陣のボディメイク参加者も沢山います。
その中で、沢山の方が疑問に思っていることについて今回は、紹介します。

【目次】

  • ボディメイクとダイエットの違いとは!?
  • 女性に適切なジムの回数!
  • ボディメイクが女性にオススメな理由!
  • ダイエットとの効果の違いは?

ボディメイクとダイエットの違いとは!?

簡単にボディメイクとダイエットの違いとは
ダイエット=『痩せる為に、食事改善する事』
ボディメイク=『運動と食事改善によって、体型や体調を整える事』

と感じています。

もう少し言うと、痩せた!!という人がいたとしても、痩せたけど、体型的にはかっこいいかというと、そうではないというケースがあります。

ボディメイクの場合、食事改善に加えて、筋肉がついた引き締まった体を作る為、『ただ痩せた』人に比べると、その見た目はかなり違ってくると言うことになります。

ということは、ボディメイクには、『筋トレ』が、必ず必要になります。

女性は、最初は筋トレに対して、抵抗感が男性よりもある方は多いのではないかなと思います。

ですが、むしろ『女性の方が、筋トレは重要でありおすすめ』なんです。

女性は、男性に比べて、もともと『脂肪量』が多いです。
筋肉に変わる男性ホルモンが少ないし、胸やヒップといった脂肪がついている箇所が、男性に比べて多いからです。

体脂肪率で言っても、女性で一桁というのは、まずありえません。

そして、筋肉を生成に必要な、男性ホルモンの分泌も、少ないことから、筋肉も男性に比べたらつきにくいからです。

よく、ジムに通って筋トレをすると、ムキムキになってしまうのではないか?
と不安に思う方がいるようですが、女性というのは、この男性ホルモンの分泌が少ないことから、筋トレをしてもムキムキになることはありません

女性がムキムキになりたい!
というのならば、それはそれで、かなりハードな筋トレと、食事管理が必要になってくるでしょうね!

また、年齢を重ねて行った時に、筋肉量というのは放っておくと低下していきます。
人間は、年間で、約0.4kgの筋肉量が落ちると言われています。
筋肉量が減ると言う事は、基礎代謝が落ちるということになります。

その為、肥満体質になりやすいのは、『女性の方が実は多い』ということです。

脂肪というのは、『脂肪がつかないようにする』ことが一番大切です。

脂肪がついてから、それを落とすのは、もちろん時間が必要になります。
病気と同じで、症状が出ないように、毎日生活するのか、出てから薬に頼るのかで、全く変わります。

【PR】

女性に適切なジムの回数!

僕達の、ボディメイクチームで女性陣が、ジムに通う回数は、

週2~3回

そして、ジムの時間は、1時間程度です。

先ほども書いたように、女性がジムに通ったからといって、『ムキムキになることもないし、足が太くなることも絶対にありません』。
よく、足が太くなる!!という意見を特に聞きますが、幻想です。笑


下半身というのは、毎日スクワット300回を、3年間継続して、やっと太くなるというふうに言われているくらい、筋肉量が多く、大きくなりにくい箇所です。

女性でも男性でも、ジム初心者の方は『適切なトレーニング』をしていれば、週2回〜のトレーニングで十分です。

多い人は、それ以上言ってもらっても構いませんが、そうなるとトレーニングのコツが変わってきますので、その辺りがしっかりできていれば問題ありません。

継続しやすい環境を作って。
自分が通いやすい環境はとても大切です。

『適切なトレーニング』をしてから筋肉というのは、鍛えた箇所は、1日〜3日間休ませる必要があります。

トレーニングによって破壊した筋繊維を修復するために、休む必要があるのです。
この期間を、『超回復期間』と言います。

筋肉は、休ませている間が重要で、この期間に、筋肉は強化されていくため、休むこともトレーニングのひとつだと思い、沢山トレーニングをした後は、筋肉を休ませましょう。


特に、体の中の大きな筋肉(スクワット、デッドリフト、ベンチプレスなど)は、回復に時間がかかりますが、腹筋や二の腕など比較的小さい筋肉は、回復が早いため毎日行っても大丈夫です。

ボディメイクが女性にオススメな理由

先ほども書いた通り、女性は男性に比べて、体質的に『脂肪が多く、筋肉が少ない』体質です。

ということは、維持する為に、日々過ごしていれば問題はありませんが、女性は『体型が衰退する時は、一気に衰退しやすくなります』。


その証拠に、よく聞くのが『ヒップが垂れてきた』『バストが下がってきた』という事を聞く機会は多いでしょう。
脂肪量が多い箇所で、重力に逆らっている為、垂れてこないようにトレーニングを取り入れることが大切になります。

もっと言うなら、プロテインなどでしっかりとタンパク質を摂取することも大切です。
女性ならば、タンパク質の摂取量は、体重×1.2g位が理想的です。

これは、トレーニングをしていない日でも、同じくらいのタンパク質を摂取しましょう。
また、タンパク質は一回の食事で、30gしか身体に吸収されません。
更に、タンパク質というのは、ビタミンB群がないと身体に吸収されません。

こうした所からも、プロテインやサプリメントは必須になってきます。

ダイエットで筋トレをしている女性にオススメのプロテイン!MRP!
筋トレ女子の為のプロテインの種類と必要性。
筋トレ女子のおすすめプロテイン。
適切なプロテインの選び方と飲み方。
女性の適切なプロテインの摂取の目安。

ダイエットとの効果の違いは?

筋トレ+食事管理を実践して、ボディメイクを取り組むことによって、その後の体質の変化も大きく変わります。

なにより、女性にとっては、自分の理想の体型を手に入れてことによって、人生まで大きく変わってくるくらい、自分に自信がつきます。

今まで、コンプレックスだと思ってたところが、実はそうでなかったり、改善できたりと、体型以上に実は、メンタル面の基準が上がった方の効果が大きいのかもしれません。

『痩せるだけ』ではなく『美しい体型』を手に入れてみませんか。


ぜひ参考にしていただけたら幸いです。

ボディメイクは食事が命!ダイエットメニューの具体例。
ボディメイクに関して、食事管理、栄養管理は必須項目です!
そして、この記事は必ず読んで下さい!
ダイエットやボディメイク、バルクアップに関しても、基本的なこと、大切なことを丁寧に書き記しています。

プロテインに関する記事
ダイエットやボディメイクには、プロテインは必須アイテムです!
しかし、『種類が一杯ありすぎてよく解らない…』『プロテインって、どれを飲んだら良いの?』『プロテインを飲んでも太るだけ!?』など、知識不足や間違った知識を持った人もいます。
そんな皆さんの疑問を取っ払うべく、プロテインに関する記事をまとめました。