筋トレ3ヶ月 ボディメイクトレーナーの体験談と変化。

【このブログを書いてる二人】
早川拓宏【書いてる人】
自らの身体を3ヶ月で激変させ、このブログをコツコツ更新してきた張本人!
栄養、筋トレの知識の宝庫!


河野博之【書いてる人兼管理人】
早川氏が書いたブログを編集、更新!早川氏の元、ボディメイクに挑戦し同じく3ヶ月で激変!


ボディメイクで体型を変化させるのに3ヶ月もあれば効果は実感できます。

以下の写真の人物達は、僕と一緒に3ヶ月の筋トレと、食事管理、栄養管理で、身体を変えた仲間たちの写真です♪

ボディメイクはダイエットと違って、ただ痩せるだけではなく、男女ともに『しっかりと筋肉』もつけながら、かっこいい、美しいボディラインを作っていきます。

正しい食事管理だけではなく、正しい筋トレ方法を、週2回程度実践することで、トータル的なボディスタイルを作り上げます。

実際に、今は、日本でも空前の、『ボディメイクブーム』であり、『車1台にお金をかけるよりも、ボディメイクにお金をかける』割合がかなり高くなってきている部分もあります。

僕たちは、こうした高額な入会金やパーソナルトレーナーをつけたことは1度もなく、自分たちで食事についてや、トレーニング方法を勉強して複数人の仲間と、市営のジムに通い、実践を繰り返しています。

それでもしっかりやれば、結果はパーソナルジムに引けを取らない結果を出しています。

スポンサードリンク

  • 『ボディメイク興味はあるけど、どこも高額なところばかりで迷っている』
  • 『どんな食事管理をすれば良いの?』
  • 『筋トレはどれくらいやれば良いの?』
  • 『プロテインやサプリは種類がありすぎて選べない』

などなど、ほとんどの人が持つ疑問にもお答えしながら、本当に3ヶ月で可能なのか?

という声が聞こえてきそうなので、そこで自分自身のスタート時〜各月でどんなことを実践していくのかを、写真を交えてご紹介していきたいと思います。

筋トレ3ヶ月 ボディメイクトレーナーの体験談:スタート時 ビフォー写真



これは2017年3月です。


見事なまでの『ザ・ぽっちゃり』体型。笑
ぽっちゃりの見本にもなりそうですね。

学生時代は野球に打ち込み、高校を卒業してから、約10年間。
運動量がかなり低下して、分かりやすく言うと、学生時代の『筋肉貯金』を使い果たしたような感覚。笑


この時、体脂肪率は、肥満ギリギリの『18.7%』という数字。(※男性は体脂肪率20%以上が肥満体質)

高校時代は、体脂肪率12%だった、そこそこの体の面影はまるでありませんでした。笑

これだけは毎日やると決めて、やったことは『体重を毎日記載する』でした。

ボディメイクでは、体重には、そこまで重きは置かなくても良いのですが、減量をする時には1つの目安になります。

家にはしっかりとした、インボディ(筋肉量や体脂肪率の比率が出る体組成計)がないため、インボディは2週間に1度、しっかりとしたところに計りに行っていました。

筋トレ3ヶ月 ボディメイクトレーナーの体験談:スタート〜1ヶ月



スタートしてから、ちょうど1ヶ月経った時の1ヶ月アフター写真。

見ての通り、1ヶ月でかなり順調に絞れています。

この時で、

  • 体重65.5kg(−3.6kg)
  • 体脂肪率14.9%(ー3.8%)
  • 筋肉量52.3kg(+1.1kg)

という数字です。

ここで注目して欲しいのは、体重、体脂肪率共に減っているにもかかわらず、筋肉量はしっかりと増加していることです。

これがボディメイクです♩

痩せても筋肉量を上げなければ、『痩せてもダラシない体』には変わりはなく、良いスタイルを作ることはできませんし、服を脱いだ時のインパクトは良いとはなりません。

この1ヶ月目で意識したこと

ボディメイク成功の75%を占める『食事管理』を徹底して意識しました。

ボディメイクは食事が命!ダイエットメニューの具体例。
ボディメイクに関して、食事管理、栄養管理は必須項目です!
そして、この記事は必ず読んで下さい!
ダイエットやボディメイク、バルクアップに関しても、基本的なこと、大切なことを丁寧に書き記しています。

しっかり管理したことは、『低糖質、高たんぱく質』の食事をとりました。

ほとんどの人が『カロリー』に重きをおきますが、実は『カロリーは、そこまで気にしなくても良い』のです。
カロリーを気にしすぎてしまうと、カロリー不足でお腹が空いてしまい、ものすごくストレスにもつながります。

カロリーではなくしっかりと決まった定量の『低糖質、高たんぱく質』。
これを心がけていたら、カロリーも必然的に定量になるんです♩。

食事管理と筋トレの組み合わせで、1ヶ月目は効果を倍増させるためにしっかりと加速をつけた感覚でした。
正しい食事管理という記事に、詳しく詳細を書いていますので是非ご覧になってみてください^^。

筋トレ3ヶ月 ボディメイクトレーナーの体験談:『1ヶ月〜2ヶ月』

2ヶ月目のビフォー写真。

この時で、

  • 体重64.2kg(−4.9kg)
  • 体脂肪率11.7%(ー7.0%)
  • 筋肉量52.9kg(+1.7kg)

高校時代のベスト体重が63kgだったので、体重はほとんど高校時代に近づき、体脂肪率も、夢の一桁台寸前のところまで来て。
-7%を記録。

しっかりと筋肉量も増えており、1ヶ月目と比べて、脂肪が削ぎ落とされ、筋肉が増えているため、筋肉ラインやボディラインがしっかりと浮き出ているのが分かります。

この2ヶ月目で意識したこと

この時期に来るまでに、必ず『停滞期』というビッグチャンスが訪れます。

ダイエットの停滞期 乗り越え方の方法!チートデイは効果的!
なぜ停滞期が起こり、その時に、どんなことをすれば良いのかを理解していれば、簡単にクリアすることができ、落ち込むこともありません♪そんな、停滞期の乗り越え方をご紹介していきたいと思います。

こいつを突破するために、筋肉もある程度慣れてきて、筋トレの効果をより出していくために、低糖質は、今まで通り実践していき『タンパク質』の摂取量を、プロテインや食事を組み合わせて、1日の中で、30g増やすことを心がけました。

ボディメイクとダイエットの違いは、ボディメイクはしっかりと食事を食べること。です。

男女ともに、筋トレをして、筋肉をつけるのには『材料』が必要になります。

例えて言うと、工場のプレス機械で部品を作ろうとしても、最初の『材料』がなければ、どんな優秀なプレス機械があっても、1個も製品はできません。

これと同じで、筋肉の材料は『タンパク質』です。

女性の場合も同等ですが、女性は筋トレをして、タンパク質を摂取しても必ず『ムキムキになることはありません』
これは、筋肉生成に必要な『男性ホルモン-テストステロン-』という物質が、女性は男性の半分以下なため、筋肉は大きくなりにくいからです。

そのため、女性の場合は、筋トレをすると『体が引き締まる』ということが起こります♩

筋トレ3ヶ月 ボディメイクトレーナーの体験談:『2ヶ月〜3ヶ月』

2017年6月23日撮影。
そしてついに迎えた3ヶ月目!

ご覧の通り、自分自身最高の体型を手に入れることができました。

この時の数字で

  • 体重63.3kg(−5.8kg)
  • 体脂肪率7.5%(ー11.2%)
  • 筋肉量53.3kg(+2.1kg)

見事に、体脂肪率は-10%越えを記録。

減量も成功し、しっかりと筋肉量が上がっているため、ただ痩せるだけのダイエットではなく、引き締まった体のボディメイクに成功しました。

バリバリ野球をやっていた高校の時よりも、アラサーの今の方が、かなり良い体型になっています。笑
お陰様で、大きな筋肉貯金を手に入れなおすことができました。笑

この3ヶ月で大きく学んだことは、この知識を高校の時、いやもっと前の成長期の中学校の時から知っていたら、今頃プロ野球選手に???なんて思うくらい、食事管理・栄養管理の大切さと効果を実感しました。

これが身内から話題になって、話が広がり、『やりたい!!』という仲間が色んな所から集まり、今では、数十人の仲間と一緒に日々ボディメイクに励んでいます♩^^

ボディメイクの成功は食事管理が全て

高校の時は、野球をやってる割には細く、体を大きくしたいからひたすら食べて練習!!を繰り返しており、
野球を引退してからは、年々『筋肉貯金』を使っていき、どんどんぽっちゃりに。

痩せよう=食事を減らす、1日1食
など、ずっと続けるには、一部の人しかできないようなことを繰り返し見事に続かない!を繰り返す。

そんな中で、今回は、『食事』で、こんなにまで効果があるのかと実感しました。

今までやったことがないから、最初は『本当に変わるの??』と、大きな疑問もありましたが、それは単なる自分の経験がないだけのこと

自己流を徹底的にやめて、成功してる人、常にスタイルを維持している人に聞いてそれを信じて実践しました。

プロテインとサプリメント類の効果は絶大

自分の周りの、体に気を使っている人たち、100%の人たちが『自分にあったプロテインとサプリメント』を摂取していました。

僕自身も、プロテインやサプリメントは摂取していましたが、ただ飲んでいただけで、『体型にとって、なぜ必要なのか?』を、また勉強をしなおしました。

そこで知ったのが、プロテイン1つでも種類が複数あって、それによって全く体感が違うことにも気づかされました。

プロテインの種類別効果と選び方のコツ!ホエイ・カゼイン・ソイ・MRP
プロテインに関して、まだまだ『誤解をされている方』や、『種類がたくさんありすぎて、なにを飲んで良いか分からない』という方が多いのも事実です。
プロテインというのは、『筋肉増量』『ダイエット』『食事代わり』など、実は自分のなりたい体型や用途に合わせて、飲むと言うのが、正しいプロテインの飲み方です。

僕自身は、たくさんの中から、一番自分の目的に合った、『MRPプロテイン』を摂取

サプリメントも、適当に買うのではなくしっかりと体づくりを行っている、周りの人たちからの紹介やおすすめを取り入れました。

勉強を重ねていく中で、今の時代野菜だけで栄養を摂取するのは、膨大な量とコストと時間がかかります。

効率よく、経費を削減するには、サプリメントとプロテインを組み合わせることによって、体調も整えることで、一気に体感が加速していきました。

これから、夏に向かって、みんなでボディメイクをして、その仲間で夏は海に行く!!
こんな集団を、もっともっと増やして、たくさんの仲間と共有したいと常々、勝手に頭の中で想像が広がっています。笑

ぜひ、参考にしていただけたら幸いです♩