糖質制限の朝食でバナナはOK?NG?量やカロリー等を数字化!

【このブログを書いてる二人】
早川拓宏【書いてる人】
自らの身体を3ヶ月で激変させ、このブログをコツコツ更新してきた張本人!
栄養、筋トレの知識の宝庫!


河野博之【書いてる人兼管理人】
早川氏が書いたブログを編集、更新!早川氏の元、ボディメイクに挑戦し同じく3ヶ月で激変!


糖質制限中にバナナはOKなの?
朝食になら食べても大丈夫!!とか、いろんな記事、情報がありますね!

バナナは、糖質的には、結構高い数値だったります。
更に、カロリーも高い!

しかし、食物繊維やビタミンB2は多く含まれ、脂肪燃焼の手助けをしている栄養素も含まれています!

スポンサードリンク

バナナダイエットというのが一時期はやりましたね!
糖質制限中に、バナナはどうなんでしょうか?

手軽に食べれることを理由に、糖質制限中の朝食として選ぶ方も多いのでは?
しかし、バナナの糖質は多め…実際どうなの!?

と言う事で、糖質制限中にバナナは朝食にいいのか?ということについて調査してみます!

【目次】

  • 糖質制限中の朝食でバナナは食べていい?
  • バナナの糖質やカロリー、栄養素を数字化!
  • 朝食にバナナがいいという理由は?
  • 糖質制限の朝食でバナナはOK?NG?量やカロリー等を数字化!まとめ

糖質制限中の朝食でバナナは食べていい?

結論!

食べていけない!とは、いいません!
しかし、効果を狙うなら、夕食前(30分ほど前)がいいでしょう。

この理由に関しては、高カロリーのため、満腹感を得られると言う効果の意味合いからです。
夕食は、たくさん食べすぎてしまったり、高カロリーの物を選んでしまいがちです。

なので、夕食前30分程度、一本のバナナを食べておくことで、夕飯の食べ過ぎ防止につながります。

間違った摂取の仕方は、夕食後にデザートとして食べることです。

普通に夕食を食べた後に、更に糖質の高いバナナを食べると、糖質の摂り過ぎになりかねません。
そしてカロリーも、過剰摂取になってしまいます。

どうしても朝食に1本を食べるなら、食前にお水などと一緒に♪

バナナは、カロリーも高いため、満腹感を得られる果物としても悪くはありません。

しかし、高カロリーの為、1日の摂取量は、1本、多くても2本まで。
そして、かなり重要なのが、最終的には継続していくということです。

バナナの効果や効能がいいからといって、1日で変化や結果が出るものではありません。

attention糖質制限中にバナナを食べるなら、朝食より夕食の食前30分前!

バナナの糖質やカロリー、栄養素を数字化!

ではでは、バナナの糖質やカロリーを確認してみましょう。

糖質=『炭水化物』-『食物繊維』
で求めることが出来ますね!

僕達のボディメイクチームでは、糖質を数字化するのに、この方程式で、糖質量を確認する為、『スリムス』と言うサイトを使っています。

バナナの糖質量

炭水化物(20.25g)-食物繊維(0.99g)=糖質(19.26g)
※バナナ1本あたり(90g)で計算

カロリー量:80kcal~90kcal
※白米0.5杯分

ボディメイクをしていく上で、僕達のチームでは、あまりカロリーに重きを置きません。
何故かと言うと、糖質を意識することで、自然にカロリーも抑えられるからです。
なので、敢えてバナナをオススメするという事はありませんね。

しかし、糖質制限をしていると、満腹感が足りない…と言う現象も起こってきてしまいますね!
そうした時には、朝食よりも夕食前のバナナで、食欲を満たすと言う意味では、オススメします。

果糖に関しては、僕たちはプロテインに入っているので、満腹感という部分では、そんなに苦労していません(笑)

さて、バナナの数字的な事を解説しましたが…

attention勿論、1日の糖質摂取量、適正値(60g~100g)を意識した上での話です。

【スポンサードリンク】

朝食にバナナがいいという理由は?

一時期、バナナダイエットというのが流行りましたね!

日本人は、真面目なのか…ちょっと極端なことをしてしまいがちです。
バナナダイエットと言うと、食事を全部、バナナに置き換えてしまったり…。

バナナダイエットと言っても、上手に付き合うということが重要ですね。

バナナが朝食でいいとされたのは、エネルギーになりやすい『糖質』や、『果糖』が多く含まれる。

  • エネルギーとしての吸収時間が、糖質の種類が異なるため長持ちする傾向にある。
  • エネルギーが長持ちするため、朝食を抜きがちな日本人には手軽で簡単にエネルギー補給が出来る。

こう言った点からだと予想されますね!

しかし、ダイエットと言う意味では、ボディメイクをする上では、減量中よりも、増量期にジムの前のエネルギー補給の方が向いているように感じます。

糖質制限の朝食でバナナはOK?NG?量やカロリー等を数字化!まとめ

糖質制限中に朝食でバナナはOK?NG?と言う事で、バナナに関することを調べてみました。

まとめてみますね!

  • 糖質制限中にバナナを食べるなら、朝食よりも夕食の30分前
  • 糖質、カロリーとしては高い部類に入る果物である。
  • エネルギー源としては、長持ちするため減量期よりも増量期にオススメ!

と言った感じでしょうか(*^^*)

僕自身、男性の一人暮らしなので、バナナを買って来るということ自体が稀なことですが、調べてみて増量期のジム前には、効果的だろうなぁ…と思いました(*^^*)

糖質制限に関しても、賛否ありますが、僕はバランスが全てだと思います。
バナナダイエットでもそうですが、表面的なものを知って、それがいいと思って、何となく始める。
何となくやってみる。
しかも極端に…

と言う人が多すぎるので、そりゃ賛否分かれますよね(笑)

しかし、きちんとその方法を詳しく調べて、全体像をしっかり捉えた上でやる分には、効果はあると思います。
そして、継続が何よりも、結果をきちんと出すと言う部分では、重要ではないかな?
と思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
貴方の参考になれば幸いです。

【関連記事】

糖質制限 朝食抜きは最大の間違い!ボディメイクでの重要性!
『朝食は食べないです。』『朝食は抜く派です。』『朝食は抜いたほうがいいですか?』と言う質問やお話を受けることがあります。
しかし、ボディメイクをする上で、糖質制限中、増量中に限らず、朝食を抜くことは最大の間違いだ!
その理由を今回のブログで紹介していきます。
女性 ボディメイク 食事方法!タンパク質や糖質の摂取量を数字化して解りやすく解説!
食事管理をどうしたらいいの?糖質制限って、お米食べれないの?どれくらいやらなきゃいけないの?と色々な疑問がある中、女性に特化した、僕達がチームで実施しているボディメイクの食事方法を紹介!
数字化して解りやすく解説してみました!