医療と人生100年時代の関係性。

【このブログを書いてる二人】
早川拓宏【書いてる人】
自らの身体を3ヶ月で激変させ、このブログをコツコツ更新してきた張本人!
栄養、筋トレの知識の宝庫!


河野博之【書いてる人兼管理人】
早川氏が書いたブログを編集、更新!早川氏の元、ボディメイクに挑戦し同じく3ヶ月で激変!


今の時代、人生は100年時代と言われています

2000年以降に生まれた人達は、ほとんどが100歳まで生きると言われており、一般の人でもよくよく聞いた事があるのではないかなと思います。

その理由として、挙げられているのが、『医療の発達』です。
これも、よくよく聞いた事があるのではないかと思います。

しかし、本当にこれだけが、人生100年時代の理由なのでしょうか。
と、言うところに、今回は着目してみたいとおもます。

スポンサードリンク
【目次】

  • 医療と人生100年時代。
  • 『予防』への着目。
  • 予防=食生活の関係性。

医療と人生100年時代

冒頭にも書いた、『医療の発達による、人生100年時代』と言うのは、何回かお聞きになった事はあるのかと思います。

ですが、本当にそれだけなのか?
そこに疑問を持っている人も、中にはいるのではないでしょうか。

『現在の日本の医療費』

国の発表では、前年度(2017年)の、日本の医療費は42兆5000億円。
国の税収が、約50兆円ですので、ほとんどが医療費に消えていってるという、正真正銘のデータになります。

違う記事でも書きましたが、この数字を見て、ほとんどの人が

『すごい数字ですね』

とはなります。

ですが、それ止まり。
人間は、桁が大きくなりすぎると、ほとんどの人が感覚がありません。

9,000億円と1兆円だと、感覚的に、9,000億円の方が高く感じませんか?笑
一般人の僕らからしたら、少なからずこんな感覚も、あるのではないかなとおもます。

毎日100万円を使ったとして、1兆円使い切るのに、どれくらいの年月がかかると思いますか?

答えは、3,000年です。
パッと、この数字は、絶対に出てこないと思います。
これくらい感覚がないので、ほとんどの人が知ってはいるが、スルー状態です。

『医療費が示す、本当の意味とは?』

単純に、この数字を見て、医療が発達していると言われているのに、なぜ、医療費は増えるのですか?
と、なるのではないかなと思います。

本当に単純に考えると、

人生100年=健康体の人が増える。

からではないのでしょうか?

という事は、これも単純に考えて、

『健康なら、病院に行く必要は無くなるのでは?』

と思うのが、素直な考えだと思います。

ですが、国の発表によると、ここ近年は、年々1兆円ずつ増えていって、この医療費です。

このように、追求して見てみると、人生100年時代は、一概に『医療の発達』だけではないようにも感じます。

『予防』への着目

ここで近年、大きく着目されてきたのが、『予防』への意識です。

今までは、『予防』という観点から見ると、体が主本の仕事の『アスリート』の人はやっている!という感覚でした。

ですがここ近年で、アスリートの人が、本を出版するようになり、一般の人にも大きく『食改革』が認知されるようになりました。

これが、人生100年時代、医療の発達と言われながら、年々増えている医療費問題と重なって、
『予防への意識』が着目されるようになりました。

『覆されていく、今までの健康に対する知識』

この膨大な医療費問題、そして体、健康について、繊細なアスリートの人の知識が一般的に広がったが為に、もう1つ着目された事があります。

それが、今までの概念にあった『健康に対する知識』です。

簡単に言いますと、健康だと言われていた多くの食事や、方法がこの医療費問題、そして『世界的肥満問題』により、実は違うんじゃないか??
というところから、大きく、いろんな事が改正されてきています。

例えば、ここ近年で、非常に注目を集めている『MEC食』。

  • meat(肉)
  • egg(卵)
  • cheese(チーズ)

の略。

これは、最強の予防学と言われている食事で、この3つを定量食べることで、ほとんどの薬がやめられると言われています。

→mec食が危険?コレステロール値を気にするのは時代遅れ…!

それから、『低カロリー』『低コレステロール』の食事というのも、改正されてきています。

《産経ニュース記事》
コレステロールの摂取基準を撤廃。
https://www.sankei.com/life/news/150525/lif1505250013-n1.html

予防=食生活の関係性

このように、数々の健康問題の中から、今の時代は、急速に、『健康』に対する捉え方が変化してきています。

医療の発達でもそうですが、発達しているのは、医療だけではなく、様々なところで色んなものが発達しています。

人工的に食べ物を作り上げる技術も発達しており、それが、一概に全部悪いとは言い難いですが、やはり、その中身や成分について知る人はほとんどいません。

色んな技術が発達したからこそ、今の時代『自分の体は自分で守る』という事が、より大きなものになってきたのではないのかなと思います。

今後、この調子で、医療費問題が解決に向かったとしなかったら、間違いなく、医療費は『全額負担』になります。

アメリカが、医療費全額負担に変更したように、このままいけばの話ですが、日本もいずれそうなります。

その前に、しっかりとした知識は、自分の体を守ったりする為に必要な時代だと思います。

ぜひ、参考にして頂けたら幸いです。

【関連記事】
mec食が危険?コレステロール値を気にするのは時代遅れ…!
MEC食がダイエットの成功に効果的な理由。
糖質制限 危険性?日本の栄養学は時代遅れ!?