そこに『活路』を見い出せたら、マイナスは強烈なプラスになる

そこに『活路』を見い出せたら、マイナスは強烈なプラスになる

 

運転の上手さと仕事の出来具合は比例すると思っている早川です。

 

ここで言う『運転の上手さ』とは『判断能力のこと』です。

『判断能力』はいつなんどきでも必要だと思うからです。

 

《活路の重要性》

活路とは一般的に見たら『それはだめだよ』と言われていることでも、自分の中でそれを活路にしてしまえば、その瞬間、それは強烈な『強み』になります。

 

例えば、レスポンスが遅い人がいたとします。

 

スポンサードリンク

 

これは一般的には『レスポンスは早い方が良い』という認識が強いです。

ですが、このレスポンスが遅いを『活路』してた人の場合。

《あいつはいつ電話に出るかわからないから、折り返しがあったときには絶対に出ねば!》

となります。

これは立派な活路です。

 

一般的には『ダメだし』を食らうこともそれはちょっと視点を変えれば活路になってしまう。
いわば、数少ない電話に対して『価値が上がる』わけです。
(僕はそこに活路を見出してないので、レスポンスは早いです。)

 

活路は人によって違います。結局のところ『自分が責任を取れれば良い』ということになります。

レスポンスが遅いことを活路にするのであれば、ある種、責任をしっかりと取れるのか(万が一レスポンスが遅いが原因で繋がらなくなる人がいるかもしれない)

ということです。

—————————————

加点法と減点法

ーーーーーーーーーーーーー

これは人間心理を非常によく理解した上でのこと。

 

僕は第一印象を無理をしてまでよくする必要はないと思っています。

これは『加点法と減点法』のことです。

何かと言うと、例えば

出会ったときには印象も良くて毎日20通LINEのやり取りをする、というカップルがいます。

ですが時が経ちこれが『1日10通』に減れば、『最近LINE減ったよね』と評価は下がります。

 

逆に毎日LINEは来ない、もしくはLINEが来ても2、3通。

ですがこれが『毎日8通のLINEになった』となれば、『最近めっちゃLINEくれるね♫』となるわけです。

これはまさしく『加点法と減点法』のたまものです。

その場限りのコミュニケーションならば、『第一印象はよくする必要はある』かもしれませんが、

長期的コミュニケーション(極端な話一生涯レベル)を取っていこうというところまで考えるのであれば、

 

この加点法と減点法をうまく使えば、非常にコミュニケーションはうまくまわります。

 

少なからず、周りから批判されようが『責任を取れて活路を見出せる』のであれば、それは武器に。

第一印象が良くなくても、『加点法と減点法』を理解していれば、長い目で見たときに絶対に勝てます。

 

◯Twitter→https://twitter.com/TAKUfrom_MBL
.
◯インスタグラム→https://www.instagram.com/takuhiro.908.hayakawa/?hl=ja
.
◯MBL.fitness.公式ブログ&HP→https://mbl.bodymake-tokai.com/.
.
◯Facebook→https://www.facebook.com/profile.php?id=100003528489662

フォロー等よろしくお願いします♫

コメント

タイトルとURLをコピーしました